youtube
instagram
twitter
facebook
instagram
youtube
Contact Access
mailnews
Project

開催中・進行中のプロジェクト
Ongoing Projects

MAT, Nagoya Studio Project vol.6


Minatomachi POTLUCK BUILDING 3Fでは、8月から10月までの約6週間、港まちエリアでアーティストやデザイナー、ミュージシャンの制作・活動発表をサポートする「MAT, Nagoya・スタジオプロジェクト vol.6」を開催します。
名古屋港エリアでは、これまで空きスペースを活用したスタジオ事業や現代美術のギャラリー、アートプロジェクトの実施など、アートをはじめとした創造的な活動が行われてきた歴史があります。
MAT, Nagoyaは、その素地を受け継ぎ、創造性をもって活動する人びとを歓迎し、制作・実践の場をつくることで、創造的なアイディアをまちで活かすプログラムを行っています。
6回目となる今回、アーティストやデザイナー、ミュージシャンの4名が港まちに滞在します。それぞれの活動分野や地域は異なりますが、表現媒体や手法を固定せず、さまざまな方法で表現活動を行っています。この期間の港まちでの滞在によって、新たな表現が生まれることを期待します。
会期中には、普段見ることのできない制作現場や滞在中に制作された作品などを公開するオープンスタジオなど、イベントの開催も予定しています。

参加アーティスト・デザイナー

上田 良 / Yaya Ueda(アーティスト)
大田黒衣美 / Emi Otaguro(アーティスト)
加納大輔 / Daisuke Kano(グラフィックデザイナー)
テライショウタ / Shota Terai(アーティスト、ミュージシャン)

スタジオ滞在期間
2020年8月22日(土)–9月28日(月)
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space、NUCO
スタジオ滞在期間中の火曜–土曜(11:00–19:00)に限り、見学可(要予約)
[*9月22日(火・祝)を除く]
E-mail|info@mat-nagoya.jp
TEL|052-654-8911(港まちづくり協議会)

オープンスタジオ期間
2020年9月29日(火)–10月3日(土)
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space、NUCO
時間|11:00–19:00(入場は閉館30分前まで)
入場|無料

会期中のイベント

■上田 良|トーク「ペーパー&ショップ決起集会!」

「ペーパー&ショップ」は、2017年に名古屋・新栄の「波止場」で開催した「紙」にまつわる展覧会です。次回11月の開催に向け、メンバーがアーティストブックの共同制作にまつわるトークを行います。今回のイベントでは個々の作品のプレゼンテーションや今気になっているものを持ち寄り、新作への展開を探ります。

日時|9月19日(土)15:00–16:30
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING
定員|10名(要予約→予約方法)
参加費|無料
出演|ペーパー&ショップメンバー[上田 良、守本奈央(アーティスト)、山口麻加(アーティスト)]

■加納大輔|ワークショップ「デザインの方法を考える」

「作ったものを形にしたい」「こんなものを作ってみたい」など、参加者がアイデアを持ち寄って、加納大輔とともにアウトプットの方法を考えるワークショップ。ZINEや作品集などのブックデザインをはじめとしたグラフィックデザインの可能性を探ります。

日時|9月26日(土)14:00–16:00
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING
定員|5名(要予約→予約方法)
参加費|無料
定員に達したため、キャンセル待ち、および見学希望の方のみ受付ています。

■テライショウタ×マイマイ|イベント「カレー&シトラス」

テライショウタによるスパイスと音楽のカレーイベント。NUCOメンバー・マイマイによるオリジナルレモンケーキも登場。テライが滞在期間中に募集した歌詞をもとに作曲した曲を、NUCOメンバーとともに披露するライブも行います。

日時|9月26日(土)11:00-18:00[ライブ17:00-18:00]
(*カレーとレモンケーキはなくなり次第終了)
会場|NUCO
定員|ライブ10名(予約不要 *先着順)
参加費|無料(飲食代は別途かかります)
 

■大田黒衣美|トーク「猫とガムとお茶の会」

「アーティスト・大田黒衣美」を知るためのトークイベント。これまでの作品や、今年3月まで1年間滞在したベルリンの話、今回の港での滞在や制作についての話を伺います。また今回は大田黒に関わりのある人たちをゲストに「アーティスト・大田黒衣美」に迫ります。

日時|10月2日(金)19:00–20:30
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING
定員|10名(要予約→予約方法)
参加費|無料
トークゲスト|
秋吉風人(アーティスト/名古屋芸術大学 准教授)
小野美恵子(See Saw gallery + hibit)
小島章義(アーティスト)
能勢陽子(豊田市美術館 学芸員)
結城加代子(KAYOKOYUKI)
ほか
定員に達したため、キャンセル待ちの方のみ受付ています。 

■テライショウタ|イベント「GOFISHの屋上ライブ」

スタジオ滞在期間中に、まちの風景やお店、人びととの合作など、港まちをテーマに楽曲制作を行ってきたテライが、スタジオプロジェクト最終日にGOFISHのライブを行います。今回は滞在中に制作した楽曲を含む、屋上でのスペシャルライブです。

日時|10月3日(土)17:00–18:00
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING 屋上(雨天の場合は屋内での開催)
定員|15名(要予約→予約方法)
参加費|無料

 

予約方法

メール(info@mat-nagoya.jp)または電話[052-654-8911(港まちづくり協議会)]にて。参加希望のイベント名、氏名・連絡先・参加人数をお知らせのうえ、各イベント前日までにお申込みください。
定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。
 

イベントご参加の際のご注意

・参加される際には、感染拡大防止のため、マスクの着用と入館時の手指の消毒やこまめな手洗いの徹底をお願いします。
・会場への入場時に検温をさせていただきます。37.5度を超える場合には、退館をお願いする場合があります。
・参加される方には、連絡先記入票へのご記入をお願いします。
・会場での会話はお控えください。
・他の参加者と十分な間隔をとっていただきますようお願いします。
・発熱又は風邪の症状がある場合には、参加をお控えください。また、そのような状況が見受けられた場合、スタッフがお声を掛け、退館をお願いする場合があります。
・ご家族や職場、学校など身近に新型コロナウイルス感染症の感染者もしくは感染の可能性のある方は参加をお控えください。
 

新型コロナウイルスの感染状況によっては、変更や中止の可能性があります。
最新情報については、ウェブサイト・SNSでお知らせします。

 


 

テライショウタ作曲のための詞を募集中!!

港まちで滞在制作中のミュージシャン・テライショウタ(GOFISH)が、みなさんから募集した詞をもとに曲をつくります。できあがった楽曲は港まちでのライブで発表予定。詞の形式や内容は自由です。お気軽にご応募ください!

■応募条件
・9月26日(土)のイベント「カレー&シトラス」のライブ、または10月3日(土)のイベント「GOFISHの屋上ライブ」に参加し、できあがった楽曲をテライさんと一緒に発表できる方。
・詞の文字数は250字以内。
 
■応募方法
メール(info@mat-nagoya.jp)にて、件名に「テライショウタ作曲のための詞」、本文に氏名・連絡先・詞を明記し、9月19日(土)24:00までにご応募ください。

*ご応募いただいた詞を選考した後、採用結果をお知らせいたします。

MAT, Nagoya Studio Project vol.6
開催日
2020年8月22日(土)–10月3日(土)
会 場
Minatomachi POTLUCK BUILDING 3F: Exhibition Space、NUCO
企 画
Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
主 催
港まちづくり協議会
協 力
アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会

関連リンク
プロフィール
上田 良
Yaya Ueda

アーティスト
1989年大阪府生まれ、神奈川県在住。
自作のオブジェを撮影した写真作品をはじめ、版画やドローイング、コラージュなど幅広い制作を行いながら、アーティストユニット「THE COPY TRAVELERS」の一員として「複製」という手法の可能性について実験を試みている。
近年の主な個展に「空間連動朝機」(gallery TOWED、東京、2019年)、「A Magpie’s Nest」(galerie16、京都、2018年)、「めくるめくらむ」(awai art center/信州大学附属図書館、長野、2017年)、「Small Scenery」(YEBISU ART LABO、愛知、2016年)などがある。これまでに「群馬青年ビエンナーレ2019」奨励賞、「VOCA展2017」VOCA奨励賞、「写真新世紀展2015」佳作賞を受賞。
yayaueda.com

《「4つのオブジェと1つの視点」より》
2017


大田黒衣美
Emi Otaguro

アーティスト
1980年福岡県生まれ、愛知県在住。
日常に潜む説明しがたい出来事や、正気と狂気の狭間にあるような人間の精神のあり様をテーマに、チューイングガムやうずらの卵の殻など、ストーリーに合わせてさまざまな素材を用い、絵画や立体、写真などの作品制作を行う。2019年3月から1年間、文化庁新進芸術家海外研修制度を受け、ドイツ・ベルリンに滞在。
主な展覧会に、個展「spot」(KAYOKOYUKI、東京、2017年)、「THE ECHO」(高崎シティギャラリー、群馬、2016年)、個展「project N 55」(オペラシティ・アートギャラリー、東京、2014年)などがある。これまでに、「ALLOTMENT トラベルアワード2016」グランプリ、「アートアワードトー キョー 2008」グランプリを受賞。

《sun bath》
2019


加納大輔
Daisuke Kano

グラフィックデザイナー
1992年愛知県生まれ、東京都在住。
2019年よりフリーランスとして活動をはじめる。オフセット印刷とリソグラフ印刷を融合させた、オルタナティブな雑誌『NEUTRAL COLORS』や、映画・音楽・文学・美術・写真・サブカルチャーの領野を横断する批評誌『エクリヲ』などのアートディレクションのほか、ブックデザインを中心にデザインを行う。
また『NEUTRAL COLORS』ではデザインに留まらず、特集の内容、リソグラフやシルクスクリーン印刷、グッズ製作などのディレクションも行っている。
daisukekano.com

『NEUTRAL COLORS』
2020


テライショウタ
Shota Terai

アーティスト、ミュージシャン
1973年岐阜県生まれ、愛知県在住。
1995年に結成したハードコア・パンクトリオ「NICE VIEW」のギター/ボーカルをつとめる一方(現在は活動休止中)、2000年頃より歌とギターをメインとしたソロプロジェクト「Gofish」を始める。Gofish名義では、これまでに5枚のアルバムをリリース。ライブやリリースの活動を続けている。またイ・ランや柴田聡子など、さまざまなアーティストとのコラボレーションも多数行っている。名古屋港を舞台にした音楽とアートのフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」に、2017年、2018年、2019年参加。近年では、音楽とスパイスの宴「カレー・ミーティング」や「カレーとノイズ、その他」を主催するなど、活動の幅を広げている。

Gofish『UCOの裏庭ライブ』
2018
Photo | Takayuki Imai
Photo courtesy | Assembridge NAGOYA Executive Committee


関連情報
Super Exhibition vol.03「ニュー・カラー{ブループリント}」

加納大輔がアートディレクションをつとめた、オフセット印刷とリソグラフ印刷を融合させたオルタナティブな雑誌『NEUTRAL COLORS』の展示がSuper Galleryで開催。
8月29日(土)–10月10日(土)
会場|Super Gallery
*詳細はこちらをご確認ください。

「まちを残す│people talk about what they do」

み(ん)なとまちをつくるアーカイブプロジェクトの第5弾。メディアやデータだけに頼るのではなく、街の人々のリアルな声に耳を傾けてみよう。そんな想いで始めたコロナに関するインタビューを展示します。
6月27日(土)–9月26日(土)
会場|Minatomachi POTLUCK BUILDING 2F:Project Space
*詳細はこちらをご確認ください。

「まちの社交場、《NUCO》オープンしています」

港まちを舞台にしたアートと音楽のフェスティバル「アッセンブリッジ・ナゴヤ」のプロジェクトとして、人びとが集う「まちの社交場」《NUCO》がオープン。アーティストユニット・L PACK.のプロジェクトとして、空き家に手を入れ再生し、カフェを中心にさまざまな活動を継続的に展開しています。
場所|NUCO
オープン日|木曜・金曜・土曜[11:00-17:00(*ラストオーダー16:30)]
*詳細はInstagram(@uco.nagoya)をご確認ください。