instagram
twitter
facebook
twitter
english
mailnews
Project

開催中・進行中のプロジェクト
Ongoing Projects

音楽とアートのフェスティバル
「Assembridge NAGOYA」プレイベント
2016.02.10

2016年秋に名古屋の港まちで開催される、音楽とアートのフェスティバル「Assembridge NAGOYA 2016(アッセンブリッジ・ナゴヤ)」に先駆け、プレイベントを開催します。
[アッセンブリッジ Assembridge ]は、「集める」「組み立てる」などの意味をもつ[アッセンブル Assemble]と、[ブリッジ Bridge]を組み合わせた、新しい言葉。
音楽やアートが架け橋となり、まちと人が出会い、つながりが生まれ、新たな文化が育まれていくようにとの願いが込められています。
コンサートホールや美術館ではなく、いつもの「まち」を舞台にして、世界的なクラシック音楽や現代アートの数々が登場し、人々や風景とまざり合います。

「Assembridge NAGOYA」詳細はこちらから
*MAT, Nagoyaは「Assembridge NAGOYA 2016」アート分野のプログラムディレクションを行っています。
AN_pre
 
現代美術展では、「パノラマ庭園 ー動的生態系にしるすー」をテーマに、名古屋港界隈をひとつの「庭」に見立て、作庭するように、まちにアーティストや作品が入り込んでいきます。
「庭」とは人が長い時間をかけて創造した自然環境と関わる方法であり、つくり手の世界観があらわれるひとつの小宇宙ともいえるでしょう。
「庭」は人が丹念に手を加えることで、新たな姿へと変容していきます。「まち」も庭と同様に、人が関わり対話を重ね続けることで、新たな「まち」へと日々変化していきます。
常に動き続ける「まち」の様相をひとつの生態系と捉え、アーティストや作品が、鳥のようにまちを眺め種子を運び、虫のようにまちのすき間に入り込み、その生態系に何かのきっかけを残すことを試みます。
今回のプレイベントでは、本展においてこのエリアを舞台に新たに作品を発表するアーティストの、これまでの作品を展示し、ワークショップやトークなどのイベントも開催します。
 

Assembridge NAGOYA プレイベント
現代美術展「パノラマ庭園 ー動的生態系にしるすー」

参加アーティスト|
L PACK、城戸 保、下道基行、玉山拓郎、徳重道朗、トラベルムジカ、ヒスロム、山本聖子、リトルビークル
トークゲスト|五十嵐 太郎(建築史家 / 東北大学大学院教授)

会 期2016年 2月26日(金)ー 3月27日(日)
休館日|2月28日(日)、2月29日(月)、3月6日(日)、3月7日(月)、3月13日(日)、3月14日(月)
会 場Minatomachi POTLUCK BUILDING ほか名古屋港エリア内
時 間|11:00-19:00(入場は閉館30分前まで)
入 場|無料
WEBwww.assembridge.nagoya
企 画|服部浩之、MAT, Nagoya
アーキテクト|米澤 隆
 

プログラム

EXHIBITION|城戸 保、玉山拓郎、徳重道朗、ヒスロム、山本聖子、リトルビークル
 
PROJECT|L PACK「コーヒーのある風景」

港まちにある旧寿司屋に少しずつ手を加えながら新たな場所としてひらいていく過程を公開します。
期間中、運が良ければL PACKが焙煎するコーヒー「ポートブレンド」が飲めるかもしれません。
L PACK滞在予定:
2月26日(金)ー 3月5日(土)
3月18日(金)ー 27日(日)

会場:旧潮寿司

LPACK
《きたもとアトリエハウス》2012-

 
WORKSHOP|下道基行「見えない風景」

港まちエリアを歩き、路上観察によって見いだされる”言葉の地図”を作成するワークショップ。いつもとは違う角度で日常を探ることで、その土地の名所だけではない日常風景にある人々の営みを描きます。完成した地図は参加者同士で交換し、実際に使ってみます。
3月5日(土)10:00-15:30
集合場所:Minatomachi POTLUCK BUILDING
定員:15名(小学5年生以上・要予約・予約はこちらから)
講師:下道基行(美術作家 /写真家)

*雨天の場合、変更または中止となる可能性があります。

shitamichi2
ワークショップ
《見えない風景》

 
TALK|五十嵐太郎 × 服部浩之× 米澤隆「地域美学スタディ vol.1:批判的地域主義の現在形」

80-90年代に建築史家ケネス・フランプトンが、気候や風土などその地域の特徴を取り入れた現代建築を「批判的地域主義」の建築群として紹介。現在における批判的地域主義の可能性をテーマに、地域におけるアートや建築のあり方を模索します。
*「地域美学スタディ」はシリーズとして継続します。
3月20日(日)15:00-17:00 (開場14:30)
会場:慶和幼稚園ホール
定員:100名(予約不要)
keiwa
岡本太郎《遊び》(慶和幼稚園ホール壁画)
ゲスト:五十嵐太郎(建築史家 / 東北大学大学院教授)
スピーカー:
服部浩之(キュレーター / Assembridge NAGOYA 2016 アート・ディレクター / あいちトリエンナーレ 2016 キュレーター)
米澤 隆(建築家 / Assembridge NAGOYA 2016 アーキテクト)

 
EVENT|ヒスロム「活動報告会」

出品作家のヒスロムが、港まちで、これまでの活動やプロジェクト、都市との関わり方についてお話します。
3月21日(月・祝)17:00-18:30
会場:Minatomachi POTLUCK BUILDING
定員:30名(予約不要)

hyslom2
《壁にぶら下がる》2013

 
WORKSHOP|トラベルムジカ「ニシヘヒガシヘ!漂流するメロディー ワークショップ in みなとまち」

作曲と演奏を体験することができるワークショップ。港まちの風景が、参加者の作品と演奏でコンサート会場になります。ブラームスとチンドン屋を愛した音楽家・本田祐也の楽曲をもとに、ドイツで活躍する打楽器奏者・渡邉理恵やアコーディオン奏者たちと一緒に作品を作ります。
3月26日(土)10:30-16:00
集合場所:西築地小学校
定員:15名(要予約・予約はこちらから)
travelmusica
《トラベルムジカ》パレードの様子
講師:渡邉理恵(トラベルムジカ)、窪田健志(名古屋フィルハーモニー交響楽団)、権頭真由(音楽家)

 
TOUR|ぶらり港まちアート庭園散策

本展企画者やまちづくりに関わるメンバーが週替わりで案内役となり、まち歩きと展示作品の解説ツアーを行います。
毎週土曜日(2月27日、3月5日、3月12日、3月19日、3月26日)
15:00-16:00

集合場所:Minatomachi POTLUCK BUILDING
定員:10名(予約不要)

minato

 

プロフィール

五十嵐 太郎[Taro Igarashi]
1967年フランス・パリ生まれ。
中部大学工学部助教授、東北大学大学院准教授を経て、2009年から東北大学大学院教授。
ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展2008日本館コミッショナー、あいちトリエンナーレ2013芸術監督を務める。建築分野のほか、都市理論、アート、アニメ、映画、カルチャーなどさまざまな分野に精通し、著書や講演など多数。
2014年芸術選奨文部科学大臣新人賞(芸術振興部門)受賞。

L PACK[エルパック]
小田桐奨と中嶋哲矢のユニット。
「コーヒーのある風景」をテーマに、ジャンルを横断しながら活動。
主なプロジェクトに、2010-12年「竜宮美術旅館」(横浜)、2012年-「きたもとアトリエハウス」(埼玉)、「現在民藝館」(長野)。「あいちトリエンナーレ2013」期間中、美術作家の青田真也とともにNAKAYOSIとして長者町に「VISITOR CENTER AND STAND CAFE」をオープンさせた。
lpack.jp
lpack
現在民藝館《forward the letter to him Ⅱ》2015

城戸 保[Tamotsu Kido]
1974年三重県生まれ、愛知県在住。
大型カメラでの撮影にこだわり、何気ない日常の風景から「見る事やある事の不思議」について考察する写真作品を制作。近年は、都市郊外を中心とした風景に着目し、”人工”と”自然”という概念以前の「もの」に対しての「色彩」と「光」のあり方に関心を寄せる。形式的な「型」や「法則」を導入しながら、それらを逸脱する強烈な対象との出会いが硬質で強度のある画面を作り出している。
kido
《R&B》2015

下道基行[Motoyuki Shitamichi]
1978年岡山県生まれ、愛知県在住。
日本各地に残る軍事遺構を調査・撮影した《戦争のかたち》(2001-2005)や、現在の日本の国境線の外側に現存する鳥居を撮影した《torii》(2006-2012)など、その土地の観察とフィールドワークをもとに制作活動を行っている。生活の中に埋没して忘れられている物事を、写真やイベント、テキストやオブジェクトなどを組み合わせ、編集することで視覚化している。
m-shitamichi.com
shitamichi
ワークショップ《見えない風景》

玉山拓郎[Takuro Tamayama]
1990年岐阜県生まれ、東京都在住。
展示空間にあわせ即興的に構成していくインスタレーションを中心に数多く発表。「絵画」の構成要素を3次元に落とし込んだ一連のシリーズ《OIL on Room》では、立体物や壁、床、天井に、イメージやモチーフ、奥行き、明暗などを配すことで「絵画の中」に入り込む体験を試みている。美術史やコンセプトにとらわれず、空間から立ち上がるイメージに重きをおき具現化している。
takurtam.wix.com/tamyam
tamayama
《I WANT TO TELL YOU HOW MUCH I LOVE》2015

徳重道朗[Michiro Tokushige]
1971年愛知県生まれ、同地在住。
森や山といった自然のイメージと、庭やジオラマなどの人工的に作られた風景をモチーフに、木彫人形や、鉛筆、角材、イス、テーブルなど、さまざまな日用品や既製品を用いたインスタレーションを展開。また絵画や立体など、多岐にわたる作品を発表している。展示空間に対して、ユーモラスでありながら概念的な独自の見立て(構成)を行うことで、イメージと現実の”ズレ”を表出させている。
www.michirotokushige.com
tokushige
《よれし(仮)》2011

トラベルムジカ[TRAVEL MUSICA]
26歳で夭逝した音楽家・本田祐也の作品を世に問い、後世に伝えるべく、さまざまな媒体で保存・管理するために立ち上げられたプロジェクト。
現時点でのメンバーは、渡邉理恵(打楽器奏者)、金森香(シアタープロダクツ・プロデュサー)、山本さくら(シアタープロダクツ・マネージャー)、水野祐(弁護士)、施井泰平(美術家)、水田拓郎/dj sniff (音楽家・キュレーター)。
2016年のテーマは「漂流するメロディー」。
travelmusica2

ヒスロム[Hyslom]
加藤至・星野文紀・吉田祐からなるアーティストコレクティブ。
2009年より、関西を拠点に活動。
山から都市に移り変わる場所を、定点観測的に探険・実験・実践するプロジェクトを行っている。その場所の変化を身体で実感する事に重点を置き、一見意味のないように見える”遊び”や”行為”を通して、その土地を知る「フィールドプレイ」を行い、映像・パフォーマンス・彫刻などさまざまな表現方法を試みている。
hyslom.com
hyslom
《パイプサーフィン》2010

山本聖子[Seiko Yamamoto]
1981年大阪府生まれ、同地在住。
均質的に区画整理されたニュータウンを支配する独特の空気や、そのまちや人間、生活の在り方などへの違和感を制作の出発点にしている。代表的な作品に不動産チラシで使われる「間取り図」をそぎ落とされた情報として用いたシリーズがある。近年はメキシコやオランダでの滞在経験から、身体性や現代におけるアイデンティティの在り方について考察した映像作品など、新たな手法を展開している。
www.seikoyamamoto.net
yamamoto
《frames of emptiness》2011

リトルビークル(監修:渡辺英司)
[Little Vehicle (Supervision by Eiji Watanabe)]

Little Vehicleとは”小さな乗り物”という意味で、本やカード、ドローイングブック、カタログなどを「作品をのせて移動できるもの」としてとらえ、展示するプロジェクト。
美術作家・渡辺英司による監修、「空間がなくても、本=”小さな乗り物”があれば、どこでも作品を見せることができる」という考えのもと、アーティストや詩人、デザイナーなど世界中から集まってきた”小さな乗り物”を展示する。
littlevehicle
《Little Vehicle / coracle》2015
参加アーティスト
青田真也 / 大塚泰子 / 小粥幸臣 / 小栗沙弥子 / 内藤久嗣 / 中村 航 / 堀田直輝 / 松代章吾 / 丸山ナオト / 溝田尚子 / 渡辺英司
Alistair Peebles / Bon Yasuzi & Mari / Carol Dunbar / coracle ( Simon Cutts & Erica Van Horn ) / Laurie Clark / Neda Firfova / Tamsin Clark / Thomas A Clark / Paul Goede / Richard Bevan / etc.
Booklets:Blinky Palermo / Niele Toroni / Stanley Brouwn / etc.
Book shopsc7c / NADiff aichi / ON READING / etc.

 



服部浩之[Hiroyuki Hattori]
キュレーター
1978 年愛知県生まれ、同地在住。
2009年から2016年まで、青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]学芸員。つねに「オルタナティブなあり方」を意識の根底に据え、MACという略称をもつアートスペースを山口、ハノイ、青森などで展開。近年の企画に、十和田奥入瀬芸術祭(十和田市現代美術館、奥入瀬地域、2013)、「MEDIA/ART KITCHEN」(ジャカルタ、クアルランプール、マニラ、バンコク、青森、2013-2014)などがある。あいちトリエンナーレ2016キュレーター。


米澤 隆[Takashi Yonezawa]
米澤隆建築設計事務所主宰。
1982年京都府生まれ、愛知県在住。
現代の複雑化する社会に、パラレルに並走するストーリーの間にハブとして建築を介することで、関係性を構築し、流動的なネットワークをつくりだす。”つくる”と”うまれる”の間を思考する建築家として活動を行う。主な作品に『公文式という建築』2011、『福田邸』2013などがある。主な受賞に、『THE INTERNATIONAL ARCHITECTURE AWARD 2013』『日本建築学会作品選集新人賞2015』などがある。
happlus.main.jp

日 時 2016年 2月26日(金)ー 3月27日(日)
2016.2.26 [Fri.] - 2.20 [Sun.]
会 場 Minatomachi POTLUCK BUILDING ほか名古屋港エリア内