youtube
instagram
twitter
facebook
instagram
youtube
Contact Access
mailnews
Archive

アーカイブ

MAT, Nagoya Studio Project vol.3
「OPEN STUDIO」


「COME UP Project」の一環としてアーティストの制作・発表をサポートする 「スタジオプロジェクト」。
Minatomachi POTLUCK BUILDING2、3階では、4月5月の2ヶ月間、アーティストの制作・発表をサポートする「MAT,Nagoya・スタジオプロジェクト vol.3」を行っています。
「スタジオプロジェクト」にあわせ、普段見ることのできないアーティストの制作現場や、滞在中に制作された作品などを公開する「オープンスタジオ」を開催します。
また今年9月に開催する、 *Assembridge NAGOYA 2016参加アーティストも同時期に滞在制作を行っています。

「MAT, Nagoya Studio Project vol.3 : OPEN STUDIO」

参加アーティスト|
ヒューゴ・カプロン
記憶のはがし方プロジェクト(阿部大介/鷹野健)
田口美穂/GRANITE
たちばなひろし
宮田明日鹿
鈴木悠哉 [*Assembridge NAGOYA 2016参加アーティスト]

MAT, Nagoya Studio Project vol.3  「OPEN STUDIO」
開催日
2016年5月16日(火)-5月28日(土)
時 間
11:00–19:00(入場は閉館30分前まで)
会 場
Minatomachi POTLUCK BUILDING
休館日
5月22日(日)、5月23日(月)
料 金
無料
企 画
Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
主 催
港まちづくり協議会

関連イベント

オープンスタジオ期間中、トークイベントやワークショップを開催します。
会 場|Minatomachi POTLUCK BUILDING 
参 加|無料(予約不要)
 

5月20日(金)

18:00-19:00【アーティスト・トーク1 : たちばなひろし、鈴木悠哉 】
それぞれの自作や、これまでに参加したアーティストインレジデンスやスタジオプログラムなど、2人のアーティストから海外での経験を踏まえたお話を伺います。
 
19:30-21:00【オープニング・ポットラック・パーティー】
「スタジオプロジェクトvol.3・オープンスタジオ」とBotãoGallery「MOUNTAINLINE/RYOSEN」展の合同オープニング・パーティーを行います。(持ち寄り歓迎・自由参加)
 

5月21日(土)

13:00-17:00【アーティストによるワークショップ】

—————
プログラム
—————
– 記憶のはがし方プロジェクト(阿部大介/鷹野健)「はがしてみてみる」
定員│ 各回3名ずつ 所要時間│20分程度
記憶のはがし方プロジェクトの技法を使い、様々なものをはがしとります。
うつされたものを見て、うつすことを考えるワークショップです。
 
– 田口美穂/GRANITE 「港を刷ってみる」  
定員│ 各回3名ずつ 所要時間│30分程度
2種類の港にまつわる図柄を、シルクスクリーンという技法で刷っていきます。
参加希望の方は、Tシャツなどの布地をご持参ください。
 
– たちばなひろし「Her Rose, Your Rose」
定員│ 各回3名ずつ 所要時間│30分程度
テキストを読み、そこから想像したバラの花を描きます。
描いたバラを紙に転写し、制作のプロセスを体験するワークショップです。
 
– 宮田明日鹿「ボーダーを家庭用編み機を使って作るワークショップ」
定員│ 各回1名ずつ 所要時間│15分程度
希望者は歳の数だけ、好きな糸の色で編んでいきます。
体験した人数分の色で作られたボーダーの編み物が一枚の生地としてできあがります。

 
17:30-19:00【アーティスト・トーク2:阿部大介、鷹野健、田口美穂、宮田明日鹿】
スタジオプロジェクトvol.3の参加アーティストで、愛知県を拠点に活動する4名のアーティストから、作品や制作についてお話を伺います。
 

5月28日(土)

18:00-19:00【アーティスト・トーク3:たちばなひろし】
たちばなひろしは約20年間のニューヨーク滞在中、アーティスト活動のほか、インストーラーとして数々のアーティストの展覧会を支える仕事に携わってきました。
近年のファッションや映画の分野での活動も含め、「アーティストとして生きていく術について」自身の体験をもとにお話を伺います。
トーク終了後は、クロージング・ポットラック・パーティーを行います。(持ち寄り歓迎・参加自由)


*同日5月28日13:30より、企画公募展「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」の審査員の一人である画家O JUNのトークイベント「画家のカラダ」をMinatomachi POTLUCK BUILDINGにて開催します。
主催 | 清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 実行委員会、岐阜県
協力 | 港まちづくり協議会、Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
詳細|art-award-gifu.jp

 

Assembridge NAGOYA 2016
2016年9月22日(木・祝)-10月23日(日)まで港まちエリア一帯にて開催される音楽とアートのフェスティバル「Assembridge NAGOYA 2016」。
現代美術展では『パノラマ庭園-動的生態系にしるす-』をテーマに、港まち全体を会場にこのエリアのリサーチをもとにしたアーティストの新作やプロジェクトなど、様々な作品がまちへと入り込んでいきます。 
assembridge.nagoya

関連リンク
プロフィール
ヒューゴ・カプロン
Hugo Capron

1989年フランス生まれ、フランス在住。
空間の構造を読み取り、その場に合わせたサイトスペシフィックな作品を展開している。これまでにフランスをはじめ、アメリカ、日本などで作品を発表。2013年度は交換留学生として、また2015年度は大学院生として名古屋芸術大学に在籍。2016年4月下旬まで日本に滞在。
www.hugocapron.com

《Sans tire, Supernegative-04》


記憶のはがし方プロジェクト
Peel Off the Memory Project

阿部大介、鷹野 健によるプロジェクト。2014年に発足。
主な展覧会に「AOMORI PRINT トリエンナーレ2014「記憶のはがし方」」(青森市民美術展示館,夜店通り空き店舗、青森、2014年)、「TRANSITIONS International Exhibition of Prints 2015」 (China Print Art Museum、中国、2015年)、「ファン・デ・ナゴヤ美術展2016「日本 家」」(名古屋市民ギャラリー矢田、愛知、2016年)など。

「日本 家」展示風景、2015


阿部大介
Daisuke Abe

1977年京都生まれ、愛知県在住。

既存の物の表面をうつしとった平面作品、立体作品等を制作している。
主な展覧会に「Untitled • CB125T」(AIN SOPH DISPATCH、愛知、2015年)、「現代美術レジデンスプログラム 皮膚感覚 阿部大介展」(美濃加茂市民ミュージアム、岐阜、2015年)などがある。
www.daisukeabe.net

《Untitled》2012


鷹野 健
Takeshi Takano

1980年神奈川県生まれ、愛知県在住。
平面作品制作、ワークショップ、プロジェクトの3つの領域において「版画」を軸にアーティスト活動をおこなっている。
主な展覧会に「KCPA International Printmaking Festival 2014-15’」(Jincheong Printmaking Museumなど、韓国、2014年)、「Waiting Image – 待機するイメージ」(MUSEE F、東京、2015年)などがある。
www.ttakano.com

《fever》2011-2013


田口美穂
Miho Taguchi

1981年岐阜県生まれ、愛知県在住。

レイヤーの変換をテーマに絵画制作をおこなっている。
主な展覧会に「田口美穂展」(see saw gallery+cafe、愛知、2013年)、「drawings 考える手(公開制作)」(名古屋市民ギャラリー矢田、愛知、2008年)などがある。
mihotaguchi.blogspot.jp

《P》2014


GRANITE
グラニット

2015年より田口聡子・美穂の姉妹で活動を開始。
学生時代、姉は版画を、妹は絵画を学ぶ。
実家が石材業を営んでおり、石の端材を利用したプロダクトの開発や、オリジナルテキスタイルデザインのカバン等の製作を手がける。テキスタイルデザインは、姉妹の共有する記憶などをモチーフにしている。
granite-jp.tumblr.com

《rolling rolling》


たちばなひろし
Hiroshi Tachibana

1970年兵庫県生まれ、東京都在住。
1994年よりNYを拠点に活動し2015年に帰国。
作家自身と他者との一見バラバラな体験や記憶のキーワードにリンクし、撮りためた日常風景やイメージをビニールシートにトレースしジェルメディウムトランスファーという独自の転写技法を使って絵画作品を制作。
主な展覧会に「NEW BALANCE #3」(スプラウトキュレーション、東京、2015年)、「ASEMIC」(Kristin Hjellegjerde Gallery、ロンドン、2015年)「アブストラと12人の芸術家」(大同倉庫、京都、2012年) など。2012年にNY Arts Magazine誌の「2012年注目のアーティスト30人」に選出。
www.hiroshitachibana.com

《Dream (The King of the Minotaurs)》2016


宮田明日鹿
Asuka Miyata

1985年愛知県生まれ、愛知県在住。
改造した家庭用編み機を用いて写真を素材にするなど人の記憶の曖昧さや偶然性をテーマに作品を展開。フィールドワークとしてヨーロッパを中心に日本では生産中止となった家庭用編み機の過去、現在について研究、調査やパフォーマンスを行う。
主な展覧会に、町を編む」プロジェクト(IDEA R LAB、岡山、2015年)、「クリエイティブリユースでアート」(調布市文化会館たづくり、東京、2016年)
asuka.miyataamiki.com

ダンサーのためのコスチューム、2013


鈴木悠哉
Yuya Suzuki

[*Assembridge NAGOYA 2016参加アーティスト]
1983年福島県生まれ、北海道在住。
日常にあふれる風景から無作為に造作された人工物や、植物や建築などのフォルムをモチーフとして切り取り、抽象化したドローイングを制作。そのイメージを壁画、ペインティング、印刷など、さまざまな手法で展開させている。
主な展覧会に「耕作と歩行」(CAI02、salon cojica、北海道、2016年)、「札幌国際芸術祭2014」(札幌大通地下ギャラリー500m美術館、北海道、2014年)「Becoming Undone」(ベルリン、2014年)、「Jeune creation 2013」(フランス、2013年)などがある。
yuya-suzuki.tumblr.com

《City language》展示風景、2016