youtube
instagram
twitter
facebook
instagram
youtube
Contact Access
mailnews
News

最新情報

DOMANI plus @愛知「まなざしのありか」 展覧会ボランティア募集!
2021.12.08


この度、文化庁が新進芸術家海外研修制度の成果発表展として開催してきた「DOMANI・明日展」の地域展開として「DOMANI plus @愛知|まなざしのありか」展を、愛知県内の2会場で開催することになりました。会場の1つである港まち会場の運営をサポートしてくださるボランティアを募集します。アートを間近で感じられる現場で一緒に活動しませんか。募集要項をご確認のうえ、応募フォームよりふるってご応募ください!

DOMANI plus @愛知「まなざしのありか」 展覧会ボランティア募集要項

この度、文化庁が新進芸術家海外研修制度の成果発表展として開催してきた「DOMANI・明日展」の地域展開として、この度「DOMANI plus @愛知|まなざしのありか」展を、愛知県内の2会場で開催することになりました。会場の1つである港まち会場の運営をサポートしてくださるボランティアを募集します。アートを間近で感じられる現場で一緒に活動しませんか。募集要項をご確認のうえ、応募フォームよりふるってご応募ください。

募集期間|2021年12月26日(日)まで  2022年1月10日(月・祝)まで *募集期間を延長しました

ボランティア期間|2022年1月18日(火)–3月12日(土)*日曜・月曜、祝日は休み
時間|10:45–19:15(内休憩1時間)
人数|10–15名程度(1日につき1,2名程度【シフト制】)
条件|
・15歳以上(中学生を除く)年齢の上限はありません。
・メール、LINE、Messenger等オンラインでの連絡が可能な方。
・1日(10:45〜19:15)を通して活動できる方。
・会期中3回以上できる方歓迎。
※応募者多数の場合は、採用・不採用を検討させていただく場合があります。

担当会場|
・旧・名古屋税関港寮(名古屋市港区浜2-4-10)
*名古屋市営地下鉄名港線「名古屋港駅」2番出口より徒歩2分
・港まちポットラックビル(名古屋市港区名港1-19-23)
*名古屋市営地下鉄名港線「築地口駅」2番出口より徒歩1分

交通費(相当)|1日一律1000円(クオカードにて支給)

活動内容|会場・作品の監視、会場の清掃、日報の作成、運営補助など

応募方法|
以下のフォームより、必要事項を記入のうえご応募ください。
ボランティア応募フォーム

【お問い合わせ】
Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
Mail|info@mat-nagoya.jp
*提供された個人情報は、今回の事業のみに使用し、その他の目的で使用することはありません。
*ご不明な点がございましたら、メールにて、件名を「DOMANI展ボランティア問い合わせ」としてお問い合わせください。

DOMANI plus @愛知「まなざしのありか」展覧会概要

「DOMANI・明日展」は、文化庁新進芸術家海外研修制度<在研>の成果発表展として、1998年から毎年東京で開催されてきました。第24回を迎える今年度は、従来から実現の機会を探ってきた地域展開に挑み、全国5会場(水戸、京都、広島、愛知、石巻)で行うこととなりました。このうち、「DOMANI plus」は、2015年以降、地方会場やオンライン等で展開してきました「DOMANI・明日展 plus」シリーズを踏襲した中・小規模の企画展です。愛知会場では「DOMANI plus @愛知」として、愛知芸術文化センター、港まちを会場に、愛知県を拠点にするアーティストを含む、4名のアーティストによる展示を行います。これまで愛知県内では、愛知芸術文化センターや名古屋港エリアをはじめ、さまざまな地域で展覧会や芸術祭が数多く開催され、都市と芸術が密接な関係性を持ちながら、同時代の表現活動が盛んに行われてきました。今回、愛知芸術文化センター会場では色彩や形、港まち会場では家族や記憶、時間などをキーワードに、それぞれのアーティストが見つめる「まなざしのありか」とその先に映し出される存在に出会う場を創出します。

・愛知芸術文化センター会場
大塚泰子、冨井大裕
2022年1月18日(火)–1月23日(日)
10:00–18:00(金曜は20:00まで)*入場は閉場30分前まで
会場|愛知県美術館ギャラリーJ 
入場|無料
https://www.aac.pref.aichi.jp/

・港まち会場
長島有里枝、古橋まどか
2022年1月18日(火)–3月12日(土)
11:00–19:00(入場は閉場30分前まで)
会場|港まちポットラックビル3F、旧・名古屋税関港寮
休場日|日曜・月曜・祝日
入場|無料
http://www.mat-nagoya.jp/

主催|文化庁、国際芸術祭「あいち」組織委員会、港まちづくり協議会
企画|国際芸術祭「あいち」組織委員会(塩津青夏)、Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya](青田真也、吉田有里)
協力|アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会、KENJI TAKI GALLERY、MAHO KUBOTA GALLERY、Yutaka Kikutake Gallery、Yumiko Chiba Associates
制作協力|アート・ベンチャー・オフィス ショウ

WEBサイト|https://domani-ten.com/2022/aichi.php

Profile